山崎浩二のSmall Beauty World

第18回「チャーン・グッピー(その後)」

胸びれの色彩や伸長具合、尾びれなど全体のバランスが最も優れている個体。この個体はもっとも成長が早く、特徴が現れるのも早かった。

以前、このコラムでタイのチャーン・グッピーを紹介した。その後商業ルートでも日本に入荷し、ダンボ・グッピーの商業名で人気を博しているようだ。個人的なこだわりなのだが、ここではタイでの商業名であるチャーン・グッピーの名称で呼ばせていただきたい。

自分が知り合いのグッピー・マニアに頼まれてこのチャーン・グッピーを日本に持ち帰ったのは昨年の5月末。知人に渡すまでに何回か子供を産んだので、一腹は別なグッピー・マニアの友人に、もう一腹は自分の家で育成していた。
昨年夏頃になると、この魅力的なグッピーが日本人にも知られ、商業的な輸入も行われるようになった。秋ぐらいになると各観賞魚雑誌でも紹介され、多くの人に知られるようになったようである。

チャーン・グッピーの雌個体。この個体はかなり背びれが大きく伸長している。これはハイドーサルという遺伝子によるとの事である。

自分がタイで購入して持ち帰った個体は、すでに成魚で尾びれの形態には多少難があり、写真のモデルとしては満足のいく個体ではなかった。しかし、この親から採れた子供が育ち、成魚になったところ、親よりも特徴がはっきりとした綺麗な個体になった。という事で、育成している際に気付いた点と共にまたこのコラムで紹介しようと思った次第である。

我が家でグッピーを飼育するのは久々である。撮影のために持ち込む事はあっても、撮影後は返してしまい、本気で飼育する事はないからである。今回は親魚を知人に渡す前に子供が産まれてしまった。この稚魚達がどのように育っていくのかに興味があったため、一腹の稚魚は家に残して育てる事にしたのである。

二番目に成長の早かった雄個体。胸びれは真っ黒ではなく、多少白い色彩が入っている。胸びれはまだ成長途中なので、さらに大きく伸長する。
4番目に成長の早かった個体。この撮影の時点では、胸びれは黒く色付き始めているが、サイズはまだ小さい。この後急激に伸長する。

我が家ではグッピーの餌はテトラミンのみ、他の餌は与えていない。生き餌を与えないため、成長は速くないが、2ヶ月を過ぎた頃から雄のヒレは大きくなり色彩も乗って来た。この時点ではまだ特徴である胸びれは普通の状態である。その後胸びれが多少黒っぽく色付いて来た。日に日に胸びれの黒い色彩は濃くなり、それと共にだんだんとサイズが大きくなってくる。

今回、うちで育てていた魚は20数匹いるのだが、1匹を覗いてすべての雄は親と同じように胸びれが黒く大きくなった。その1匹も全く胸びれに色がない訳ではなく、やや黒っぽい色彩は入っている。こうした点からすると、親魚の雌はちゃんとチャーン・グッピーの雌で、当て雌ではなかったようだ。

もっとも成長の早かった雌個体。胸びれは雄ほどではないが、多少黒くなる。胸びれのサイズは雌は大きくならないようだ。
タイのグッピー・コンテストで展示されていたチャーン・グッピー。コンパクトデジタルカメラでの撮影なので画質はよくないが、特徴は判ってもらえるだろう。

成長速度は個体差が大きく、もっとも早い個体が胸びれまで大きく発達した時点で、やっと尾びれが色付き胸びれが黒くなって来る個体もいた。
このグッピーにはハイドーサルという背びれが大きくなる遺伝子が入っているようで、雌雄共に背びれは伸長する。この特徴は雌で顕著である。ただしこれも個体差は大きいようだ。

友人に渡していたもう一腹の稚魚達もうちとほぼ同じように育ったようである。 まあ、同じ親から採れた子供なので当然といえば当然ではあるが。そこでは育成に生き餌をふんだんに与えているので、もうF3もたくさん産まれているそうである。

同じくタイのグッピー・コンテストで展示されていたチャーン・グッピー。全体のバランスは今ひとつだが、胸びれのボリュームは見事であった。
チャーン・グッピーと同じく黒い胸びれを持ったグッピー。チャーン・グッピーとは系統的に違うと思われるが、かなり魅力的である。友人のグッピー・マニアがタイに出かけ入手済みである。繁殖にも成功しているようなので、日本でもいずれ出回るだろう。

ネットを見ると、すでにこのグッピーは熱心なグッピー・マニアの元へと渡り、色々と他品種との交配も試みられているようである。
この魚の発信の地であるタイでもたぶん商業的な養殖体制が整い、今年はさらに数多くの魚が日本へ送られていくであろう。
国産の魚、タイからの養殖魚が揃い、どのような方向へ進むのか興味深いところである。

余談であるが、昨年10月にバンコクでアクアリウム・フェアがあり、その会場ではグッピーのコンテストも行われた。そこではかなり立派な胸びれのチャーン・グッピーも展示され、その中には黒だけではなく黄色と白が混ざったモザイク模様の胸びれのチャーン・グッピーも展示されていた。他にも日本のグッピー・マニアが興味を示すような個体もいくつか展示されており、ベタだけでなく、グッピーでもタイは見逃せない国と言えるだろう

水作株式会社
〒110-0016 東京都台東区台東1-9-6 水作秋葉原ビル
TEL : 03-5812-2552 (お客様相談室)