水作株式会社

水作株式会社

山崎浩二のSmall Beauty World

第92回 ニモベタ・クラウンテール

典型的なニモベタの色彩をした個体。各ヒレのバランスも美しく、ニモベタ・クラウンテールの見本とも呼べるような個体である。尾ビレの軟条の開き具合やバランスも真に王冠(クラウン)である。

2018年辺りから人気のコイベタに取って代わるように普及していったニモベタであるが、その強烈な色彩から一時期は人気を博したものの、最近はかなりその人気も落ち着いて来ている。
日本のアクアリウム市場では2022年辺りから動きが鈍くなって来ていると問屋の方々からは聞いている。
その理由は、値段が落ち着いて輸入量が増加し、グレードの低い個体が出回った事もあり、飽きられてしまったのが原因のようだ。
派手で印象深い外見のため、飽きられるのも早かったようである。

本場のタイでは、人気は落ち着いたものの今でも人気は高く、ショップで見かける機会は多い。
とは言え、昔のままの姿では飽きられてしまうため、レモンイエローの色彩が入る個体等、現在でも少しずつ改良は進められているようだ。
高い人気を博したため、ニモベタの色彩を纏った他品種もすぐに登場し、Wテール、ベールテール、フルムーン等を本コラムでも紹介して来た。
プラカットのニモベタが登場した時点で、ハーフムーンのニモベタはすでに作出されていたが、かなり高価だったのと、撮影のモデルにするにはまだグレードが低く感じたので、見て見ぬフリをしていた。

この個体もオレンジとレッド、ブラック、ホワイトのバランスが美しい典型的なニモ色の個体である。バランスが乱れがちな、各ヒレの伸長した軟条も均等に開いており美しい。
各ヒレのホワイトがやや目立つニモベタ・クラウンテール。この個体では尾ビレの軟条が先端付近で更に分岐しているため、より美しい王冠状になっている。尾ビレの縁取りが黒くなっているのも美しさを更に引き立てている。

現在ではかなり手頃な値段でハイグレードな個体も入手できるようになっているので、近いうちに本コラムでもニモベタ・ハーフムーンを紹介しよう。
コイベタの際もそうだったのだが、他の品種に比べて市場へのリリースが一番遅いのが、クラウンテールである。
この辺りには理由がありそうなので、今度知り合いのクラウンテール・ブリーダーのところに行った際に、詳しく尋ねてみようと思っている。

各ヒレのホワイトが印象的なニモベタ・クラウンテール。体側に入る色彩も少ないため、やや大人しい印象の個体である。
各ヒレの伸長具合が見事なため、身体が小さく感じられる個体。体側に入る色彩は美しいが、各ヒレに入る色彩が少ないので、やや地味な印象である。

2021年は新型コロナウィルスのために、30年近く続いていたタイへの渡航が途切れてしまった。
タイへの渡航を再開した2022年にタイのベタ市場を見ると、少ないながらもニモベタ・クラウンテールの姿があった。
ただし、まだ品種としての完成度は低いのか、クラウンテールのヒレの軟条が乱れていたりバランスが悪い個体が多かった。
しかし、よく魚を観察していれば綺麗なヒレをした個体も選ぶ事が可能であった。
今回ここで紹介するのは、クソ暑い中ショップの水槽に張り付いて選んだモデル個体を撮影したものである。
しかし、タイでも日本でもまだクラウンテールの人気がいまいちなのは非常に残念である。

身体にも各ヒレにもホワイト部分が多いため落ち着いた印象の個体である。尾ビレの軟条の切れ込みが浅いのがこの個体の欠点であろう。個体選びの際はこうした点にも注意したい。
赤みの強い体色と、ブラックの多い各ヒレの色彩バランスがこの個体を力強く感じさせる。各ヒレの軟条の広がり具合も美しい。欲を言えば、尾ビレの軟条の切れ込みがもっと深ければ完璧であろう。

たくさんのベタ専門店のあるチャトチャックでも、クラウンテールを揃えているショップの数は少ないし、在庫している数も少ないのが現状である。
昨年辺りから、タイではベールテールが復権し、人気が高くなっており、扱っているショップも増えて来ている。
その流れで新色の個体を見かける機会も多くなった。
ぜひクラウンテールもそのような流れになって欲しいものである。

身体も各ヒレも美しいニモカラーで覆われている。各ヒレの伸長具合や開き具合のバランスも美しく、ニモベタ・クラウンテールの見本のような個体である。
たまたま目にしたニモベタのクラウンテール・プラカット。色彩的には問題がないが、各ヒレの突出した軟条のバランスが悪くて、グレードとしてはまだまだの個体であるが、参考的に紹介しておこう。まだかなりレアな品種なので、見かける機会も少なく高価である。

2022年にはニモベタ・クラウンテールの他、ニモベタのクラウンテール・プラカットも登場していたが、まだかなりレアで値段も高価だったので、普及はまだまだであろう。
参考までに今回1個体だけ紹介しておこう。

水作株式会社
〒110-0016 東京都台東区台東1-9-6 水作秋葉原ビル
TEL : 03-5812-2552 (お客様相談室)