山崎浩二のSmall Beauty World

第10回「ブラインドケープカラシン」

最近休日になると熱帯魚店をハシゴしたりします。
特に何かを探し物を決めるわけでもなく複数のお店を見て回り、近所に美味しいラーメン屋さんでもあればそのお店はお昼時に訪れるコースに組み入れたりします。
こんな自分でもたまたま訪れたお店で一目見てドキドキする熱帯魚に巡り合うことがままあります。

今回はとあるお店の一番下の水槽でひっそりと泳いでいたブラインドケープカラシンに心奪われてしまいました。

この熱帯魚はポストフィッシュやヨツメウオ(!)などとおなじ昭和の香りを感じさせるレトロ感あふれる熱帯魚で最近では販売しているお店もめっきり少なくなりました。
光が全く届かない洞窟に住み目が退化してしまったこの熱帯魚は薄暗い水槽のなかでも上手に泳ぎ回りエサを食べていきます。

また他の熱帯魚にはないギラギラと光る様はとても美しく見とれてしまいます。
ライトを消した水槽で夜、懐中電灯での観察することをおすすめします。

水作株式会社
〒110-0016 東京都台東区台東1-9-6 水作秋葉原ビル
TEL : 03-5812-2552 (お客様相談室)