山崎浩二のSmall Beauty World

第24回「夏のカラーラージグラス」

夏になると涼しげな金魚に魅了されますが、カラーラージグラスの透明でカラフルな色彩にも抜群の清涼感を感じられます。

撮影のために設置されたカラーラージグラスの水槽。無機質な空間に慣れるまで少し時間が掛かりましたが、群れて泳ぐ姿はまるでガラス細工の飾り物のようです。

この魚は人工的に着色されているため、敬遠する人も少なくありません。それでも長い年月にわたって親しまれている、人気の高いポピュラー種であることは間違いありません。

一か月もすると着色された蛍光色が徐々にぬけていきますが、健康には影響がなく、エサをよく食べる丈夫な熱帯魚です。

水作株式会社
〒110-0016 東京都台東区台東1-9-6 水作秋葉原ビル
TEL : 03-5812-2552 (お客様相談室)